Archive: 2019年04月

608.事前準備

no image
 30, 2019

先生は、私に触れることを前ほど遠慮しない。あんなにも触れてほしかったあの時とは、もう違う。さっき着たばかりの浴衣は、すぐに先生の手で剥がされて、二人布団の上で重なり合う。うまく言えないけど、生温かい先生の吐息に現実を見ると、夢見るだけの恋愛ではなくなる感じがした。嬉しいような、後ろめたいような気持ち。先生を大好きな気持ち。反する気持ちを抱えながら、先生が施す愛撫をすべて受けとめる。「気持ちいい?」...


  恋愛ブログ 教師と生徒の恋愛
  恋愛ブログ 秘密の恋愛