Archive: 2017年10月04日

551.わずかな時間で触れ合う

no image
 04, 2017

「あんまり時間ないで」「うん…でもすぐ帰るのもったいないし。せっかく来たのに…」せっかく、すぐそばにいて、触れられるのに。せめて、キスだけでも。「先生、屈んで。上向いてたら首痛い」「えー…屈んで何するん…」と、だるそうな顔をされつつも、顔を落としてくれた。私が答える前に唇を押し当てられて、抱きしめられて、想いが果たされる。だるそうな顔してたのに、私が仕掛けるより少し激しく唇が重なって、隙間なく塞がれて...


  恋愛ブログ 教師と生徒の恋愛
  恋愛ブログ 秘密の恋愛