Archive: 2017年06月

512.あの人が彼氏です

no image
 28, 2017

私は、私の都合しか考えていなかった。皐月ちゃんを信じ切れていなかった。それまで、皐月ちゃんに言えなかった理由は、結局はそういうことだと思う。「私、自分のことしか考えてなくて…ごめん…みなみちゃん」皐月ちゃんはまた謝るけど「ううん」と首を振った。自分のことしか考えていないのは、私も同じ。皐月ちゃんも、私も、同じ。もう一杯アイスティーをいただきながら、話題は先生の話に移った。「てゆうか…葉山先生とつきあ...

511.告白と謝罪

no image
 26, 2017

ベッドの上に座る皐月ちゃんと、その横の白いソファに座る鮎ちゃんが楽しげに話す中、携帯を出してみた。夏休みが終わってからは、日中に先生からのメールが来ることはない。たぶん、学校にいる間に私が携帯をいじらないようにするため。先生は、皐月ちゃんには言ってほしくないかもしれんけど。私は、もう…。携帯をコトリとテーブルに置き、二人の方を見上げた。ラグの上に座る私に、二人とも会話を止めて注目した。「皐月ちゃん...

510.夏の日

no image
 26, 2017

皐月ちゃんは、もう私が話してくれないんじゃないかと思うと、怖くて目が合わせられなかったと言っていた。帰り道、それを、泣きはらした目で、困り顔で笑いながら話してくれた。胸が締め付けられる。「みなみちゃん、うち寄って帰る?」「いいの?皐月ちゃんは家庭教師は?」「今日はないねん。今月から先生も変わるねん」「そうなんや!よかったなぁ」皐月ちゃんにしつこくしていた先生は、皐月ちゃんに気がないとわかると、自分...

509.それでも一緒にいたい

no image
 22, 2017

高1の夏前には、私がリクにフラれた時に、ここで先生と二人で話をした。といっても、鮎ちゃんを待つ私と一緒にいてくれただけ。あれから2年も経ってるけど、あの時のこと、今も思い出せる。でも、あの時リクを好きだった気持ちだけは、リアルには思いだせない。今、私の中にはもう先生がいてて、大きい大きい存在で。これから先生以外の人とどうにかなるなんて、私にはもうありえない。白いベンチに皐月ちゃんと座った。夕方でも...

508.胸が痛い

no image
 22, 2017

教室に戻ると、皐月ちゃんと目が合った。…けど、すぐふいっと逸らされる。それを見かけたさっちんが、まさかの舌打ちをした。「さささっちん…聞こえるから」「ああいうネチネチしたんいややわあ~!女子校!って感じで!」「いやいや、ちゃうねん、あのなさっちん…」その言い方は女子校全体をディスってもうてるから…それは言いすぎやから。皐月ちゃんは、さっちんの、舌打ちからのコメントが聞こえていたようで、顔を真っ赤にして...

507.もうひとつの恋

no image
 22, 2017

もちろん、私はこの中での女子的な力関係は3番手。そんな中、さっちんが鮎ちゃんに質問する。「違ったらごめんやねんけど、鮎川さんてZ高の諒くん知ってる?」「諒くん……?ああ。たまにメール来てるかなあ。最近はないけど」鮎ちゃんはさほど興味もないといった様子で、パンをかじりカフェオレを飲む。さっちんは「やっぱりつながってるんや」みたいな顔をして、鮎ちゃんに身を寄せる。「あの子、うちの彼氏の友達やねんけど、鮎...

506.2学期始業式の翌日

no image
 13, 2017

2学期が始まった。サブバッグには、皐月ちゃんと修旅で一緒に買ったキーホルダーをつけたまま。初めて、鮎ちゃん以外で、友達だって思えた子だけど、その子は、私を見ようとはしない。去年が楽し過ぎたんかな。今年は……先生と、恋人になれた代わりに、寂しいことが多すぎる。それは、私が贅沢になったから?始業式翌日のお昼の時間。選択授業の後だった。ぼっちになる前に、自ら一人で食堂に行こうとしたら、同じ授業を取ってたさ...

505.親友曰く

no image
 03, 2017

ファストフード店からの帰り道、段差のある歩道をサンダルでペタペタ、鮎ちゃんはヒールをカツカツ言わせながら歩く。「ごめんな。勝手に言うて」鮎ちゃんが切り出した。「ん?」「リクに…。葉山とみなみがつきあってるって」「…うん。何で言うたん?」鮎ちゃんは唇を尖らせ気味に答える。「あいつ、あんな感じのくせに、ちょっと恋愛において頭固いやん?」「間違いなくそういうとこあるな」女の子は、サラサラロングヘアじゃない...

504.ふるとか、ふられるとか

no image
 02, 2017

「ドロッドロやなぁ…」鮎ちゃんの顔が険しい…。「リクはともかく、皐月ちゃんには嫌われたくなかったなぁ…」「うん。でもしゃーないな。私も矢野ちゃん嫌いやしな」突然ナカムー関連の話が勃発し、すかさず鮎ちゃんに食いついた。「そうやん!鮎ちゃんこそどうなってんの?」身を乗り出す私に、ストローを噛みながらガラ悪く答える鮎ちゃん。「どーもないよ。私はフラれてるよ」「えーっ!?」「矢野ちゃんとは破談やで。ちなみに...


  恋愛ブログ 教師と生徒の恋愛
  恋愛ブログ 秘密の恋愛