Category: 高校3年生/冬休み

543.父と対峙する

no image
 22, 2017

家に帰ると、父がごはんを食べていた。「みっちゃんはごはんいるの~?」と母が聞いてきたので、「後でいい」と答えて、父の向かいの席に着いた。父に顔を合わさずに部屋に上がるという手段もあったけど、鉢合わせしてしまった今、あんまり誤魔化したくない気持ちもあった。受験終わったら先生も挨拶来るって言ってるし、なんとなく母も応援モードやし、父にも、先生が素敵な人だとわかってもらいたい。そんな心持でいた私に、父が...

542.おやすみの指先

no image
 22, 2017

「何なんみっちゃん、さっきからにやにやして…」先生は、軽く拳を口元に当てて、こほっと咳払いをして私を睨む。にやついているのはバレていた模様。「だって、先生かわいいし」「もうそれはええわ」腕を小突くようにされて、先生が車に乗り込んだ。視線を合わせて、二人で脱力しながらも笑い合う。「ほんまに、お父様にくれぐれもよろしく…。それと、何度も言うけどほんまに勉強して下さい…」「はあーい」軽すぎる返事に、先生の...

541.父と母と先生

no image
 21, 2017

先生が、広い背中を少し屈めて、母に頭を下げている。「また、挨拶させて下さい。突然おじゃましてすみませんでした。お父様にもよろしくお伝えください」あんな大人げないお父様でごめん、先生。「いいんよ~。また気楽に来てな。いつもこの子の勉強みてくれてありがとう。先生も仕事してるのに、土日休めてる~?」いや、あんなお父さんのリアクション見たら、気楽に来られへんやろ…と心の中でつっこむが、さっき凍りついた空気...

540.「はい。そうですか」

no image
 20, 2017

玄関先まで出てきた母に、先生が挨拶をした。よそいきの先生はなんかかっこよく見えるなぁ。「先生、いつもありがとうね~!ごはん食べて行く~?」「あ、いえ、今日はこれで失礼します」「あーそう~?遠慮しぃやねんから~」遠慮しぃと呼ばれてる先生に、笑いを堪える。いつも、母と話す時は先生も若輩者になるのが笑ける。秘密に耐えられなくて母に打ち明けたのが一年前。母と先生の仲は、ずいぶん打ち解けたような気がする。(...


  恋愛ブログ 教師と生徒の恋愛
  恋愛ブログ 秘密の恋愛