Category: 高校2年生/3学期

400.先生の第2ボタン

no image
 06, 2016

「こんなに泣いてくれたら、私なら嬉しいわぁ」と矢野ちゃんがにっこり笑う。隣にいる先生は、「どうなんすかね」と、気のない返事をしていた。春休みの宿題をどっさりといただいたけど、もうこれを提出しにくる時は先生はいないんだと思うと、また泣きそうになった。雑然としていた先生の机周りは、ほとんど物がない。「……ありがとうございました。葉山先生も、…お世話になりました」矢野ちゃんと先生に礼をすると、先生が立ちあ...

399.先生、ありがとう

no image
 06, 2016

私の携帯の中に残った、先生との最後の日。これが本当の最後。目頭が熱くなって、画面から目線を外して先生を見たら、睨んではいなくて、とても優しい顔だった。「せ、先生…そんな優しい顔せんといてよ~~~」涙腺の限界を迎え、ここで決壊となった。涙はもう止まらず大号泣。さっちんたちもギョッとしていた。「ちょ、みなみ、大丈夫?」さっちんが駆け寄ってきてくれて、先生は「泣き過ぎやろ(笑)」と余裕を見せていた。「先生...

398.放課後のお別れ会

no image
 06, 2016

2年1組最後のSHR。先生が教室に入ってきて、教卓に手を付く。起立、礼、着席と、何回やってきただろう。私は窓辺の席から先生を見つめた。「1年間お疲れさん。来年はいよいよ受験やけど、希望する場所に全員行けるように願ってます」アカンアカン…もう先生お別れの空気が出てる。絶対に泣きたくないのに。先生は、自分の家を継ぐことを簡単に説明した後、「えーと。お別れ会してくれんねやったっけ。じゃあもう終わろか」と、帰...

397.最後の修了式

no image
 06, 2016

『葉山辞めるん!?』と、ある時鮎ちゃんから電話があった。「あー、専門コースにも噂行ったん?」『いや、普通に矢野ちゃんがSHRで言うてた。みなみ、前から知ってたん?』「うん」『何で言わんの!?』先生が、誰にも言うなと言ってたから。やけど。……鮎ちゃんや、他の人に言ったって、先生が辞めへんようになるわけじゃないから。先生がいなくなるのは私にはどうしようもないことで、黙って応援することしかできひんから。私に...

396.先生の寄せ書き

no image
 05, 2016

いつもと同じように教室に入ってきた先生に、クラスの子が「先生、A女辞めるん?」と聞いていた。そのやりとりを見たさっちんも先生の周りに駆け寄っている。「何で知ってんの。誰が漏らしたんやー。修了式で言うつもりやったのに」先生は笑って、至って普通に返事していた。みんな驚いて、いろいろ先生に尋ねていたけど、その光景に現実味がなくて、笑いながら答えている先生をぼんやり見つめていた。「もーええやろ。SHRしよ」...


  恋愛ブログ 教師と生徒の恋愛
  恋愛ブログ 秘密の恋愛